2014年11月アーカイブ

モンスターペアレントという名前が世に知れ渡り、
モンスターペアレントはおとなしくなったのでしょうか?
いろんな番組や週刊誌に取り上げられ、「これって自分のこと...?」と思える人なら、
モンスターペアレントにはならないか(笑)

さて、モンスターペアレントと言えば、幼稚園、小学校の子供を持つ親が多いと思います。
中学生、高校生ともなると、親へ「学校へくること、電話することをやめてほしい」
と言える子供が増えますから、言いたくても言えない親も多いでしょうし、
子供も家であまり話をしなくなり、友達関係や学校での出来事も把握しにくくなります。

だからといって全くないと言えばそんなことはありません。
中学校でも放課後になると、職員室の電話が毎日夜遅くまでなっているそうです。
学校の先生もその対応に振り回され、今でも大変だと言います。

しかし、教師だけがこのモンスターペアレントに悩まされているわけではありません。
実は企業も困っているのです、就職活動で不採用という結果を出した途端、
親が怒って電話をしてきたり、勤務内容を親が電話で質問してきたりするそうです。

会社へ入ってからも、残業が多いだとか、
仕事内容が多すぎるとか親が文句の電話をしてくるそうです。
いつまでたっても、子供はかわいいと言いますが、
ここまでになるとその行動は迷惑でしかありませんね。

構ってくれる親がいるだけましなのかもしれませんが、
自分が先に逝くことを考えているのでしょうか?
自分がいなくなった後の子供のことをちゃんと考えるべきです。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの借り入れが返済できなくて、
親に泣きついた友達の話ですが、借りたお金を返済してくれただけで無く、
お小遣い帳を渡されて、足りないときは何に使うか言えば小遣いをくれるようになったそうです。

ちょっとびっくりしたのですが、親曰く犯罪を起こされるよりは良いらしく、
ただギャンブルに使うとかではくれないようで、
スーツを買うとか、ちゃんとした理由がいるそうです。

もらってばかりだと渋るときもあるらしく、
お給料が入ったらたまにプレゼントをするそうです、
それだけで感動してまたお小遣いをくれるようです。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。